IMC A04L Feature Fusion

Last Modified:2018-08-23 (木) 23:51:44
gbni_s.gif?

実行例

機能

フィーチャーフュージョン機能とは、同じ注釈付き塩基配列上に、同一Feature Key で同一ポジションをもつ、フィーチャーを融合(フュージョン)し、1 個のフィーチャーにまとめる機能です。

同一ポジションには、join で表現された各スプライシング領域の位置をすべて含みま。

制限事項

アルゴリズム

操作方法

使用可能ファイル形式

結果出力

準備

  • フィーチャーフュージョンを実行する注釈付き配列ファイルをフィーチャーマップに表示しておきます。
  • このファイルには、同一Feature Key かつ同一ポジションをもつ、フィーチャーが含まれています。

操作対象の選択

操作手順

  1. Feature Fusion ボタンをクリックします。
    • 実行確認ダイアログが表示されます。
  2. はい(y)をクリックして、Future Fusion の実行を開始します。
    • 実行中は、処理の進捗状況を示すメッセージが表示されます。
    • 実行が終了すると、同一位置の同一キーをもつフィーチャーがそれぞれ1個のフィーチャーに融合されます。
    • フィーチャーフュージョン機能の実行に伴い、Qualifi er 縮退処理も同時に実行されます。

Tips

バグ情報

未修正のバグ

修正済のバグ

最新追加・変更機能

関連機能

他のサイトへのリンク

  • HP Solution
  • HP Protocol
  • HP Forum
  • HP Release News
  • HP HELP

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-23 (木) 23:51:44 (88d)