IMC A02M Feature Operators

Last Modified:2018-08-23 (木) 23:55:05
gbni_s.gif?

実行例

機能

Feature Operator

  • 同一種類(=同一フィーチャーキーに属する)のフィーチャーが互いにオーバーラップする場合はそのフィーチャーのAND/OR/XORフィーチャーを生成することができます。
  • 以下の様に互いにオーバーラップするフィーチャー間の3種の演算を実行します。

    IMC_5.1.3_C508_002.JPG

  • AND Operator
    • 2つの互いにオーバーラップするフィーチャーの論理積(AND)領域を新たなフィーチャーとして登録します。

      IMC_5.1.3_C508_008.JPG

    • 新規に作成されるANDフィーチャーのフィーチャーキーを任意に指定可能です。
  • OR Operator
    • 2つの互いにオーバーラップするフィーチャーの論理和(OR)領域を新たなフィーチャーとして登録します。

      IMC_5.1.3_C508_006.JPG

    • 新規に作成されるORフィーチャーのフィーチャーキーを任意に指定可能です。
  • XOR Operator
    • 2つの互いにオーバーラップするフィーチャーの排他的論理和(XOR)領域を新たなフィーチャーとして登録します。
    • 新規に作成されるXORフィーチャーのフィーチャーキーを任意に指定可能です。

      IMC_5.1.3_C508_010.JPG

制限事項

  • 現在のところ、対象となるフィーチャーはMain Feature Mapに表示されている注釈付配列上にあるすべてのオーバーラップするフィーチャー間(ただし、同一フィーチャーキーをもつフィーチャー間)に適用されます。

アルゴリズム

操作方法

使用可能ファイル形式

結果出力

準備

操作対象の選択

操作手順

Tips

バグ情報

未修正のバグ

修正済のバグ

最新追加・変更機能

関連機能

他のサイトへのリンク

  • HP Solution
  • HP Protocol
  • HP Forum
  • HP Release News
  • HP HELP

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-23 (木) 23:55:05 (88d)